ワイパー交換の仕方

アームがついたたままだと作業しにくいので、ワイパーをアームから外します。はずしたら、ガラスに傷がつかないよう、タオルなどで保護しておきます。クリップのストッパーをつまみながら、手前にスライドさせます。取り出したら、アームをゆっくり元に戻し、先ほどのタオルの上にそっと乗せます。新しいものを用意できたら、再びアームを立て、クリップにフックを差し込み、カチッと音がするのを必ず確認し、完了になります。樹脂製ゴムのみの場合、同じようにアームから取りだした後、ゴムがどちらに固定されているか確認します。固定されている側のストッパーをはずし、ゴムを引き抜きます。もし、はずせないなら、ペンチで反対側からワイヤーを引き抜きます。するとゴムも抜けやすくなります。新しい商品によりますが、取り外したものからワイヤーを外しておき、新しいゴムにワイヤーの反りの方向を確認しながら溝に挿入して、本体に付けて行きます。ワイヤーが付いた商品なら、そのまま装着します。いずれにしても、ワイヤーがゴムからはずれないよう本体に付けて行きます。最後にストッパーにしっかり装着されていることを確認して完了です。運転席側、助手席側同時に行うこと、交換目安は、1年に1度が望ましいです。

コメントは受け付けていません。