ウインドウの磨き方

車のウインドウを磨く際に、まずしなければならないことは、まずボディ拭き用のウエットクロスなどを使って軽く拭くか、水をかけて表面についた埃や砂などを落とします。
これをしないとガラスの表面に傷がついてしまいます。
ガラスの表面にウロコ状に汚れがついてしまったり、油膜が出来てしまったりした場合には、これを落としておかないと視界不良となり、運転に支障をきたしてしまいます。
ウロコ状の汚れができる原因は、大気中の埃や凍結防止剤などが直射日光で焼き付けられてできるものです。
油膜は、前を走る車が路面を跳ね上げてついてしまったり、車のワックスが原因です。
この汚れを落とすためには、専用の油膜取りを使用するのが良いのです。
カー用品を取り扱っているところなどで簡単に手に入ります。
使用の際には、ガラスの表面は常に濡れた状態で行いいます。
そのような磨き方をしないと、ガラスの表面にキズがついてしまいます。
そして、磨き終えたらしっかりと洗い流します。
その後、コーティング剤などで撥水コートをしておくと、撥水の効果だけではなく汚れもつきにくくなります。
ガラスの表面にキズがついてしまうと、自力で直すのは難しく修理に出さなくてはならないので、注意して行いましょう。

コメントは受け付けていません。