ワックスとコーティングの仕方

世界的にみても、日本の車は汚れがついておらず綺麗という特徴があります。
ヨーロッパなどでは、車のバンパーはぶつけるために存在するという認識のため、へこみや傷がついているのは当たり前で、雨が多い地方では洗車を行わないという習慣があるほどです。
その点、外国人が日本に訪れた際は走行している全ての車が泥汚れ一つ付いておらず、綺麗な状態のため驚くのです。
日本の車は、制作する際に汚れや雨がつきにくい上質な塗料が使用されているということが、清潔な状態を保てる理由と言えます。
しかし、そのような上質な塗料も経年劣化を起こしますので、長年乗り続けると汚れがつきやすくなります。
そこで、古い車をいつまでも綺麗な状態に保つにはワックスとコーティングが重要になってきます。
コーティングを行うには、しっかりと車に付いた汚れを洗い流すことが最も大事な作業と言えます。
砂埃などが残ったままコーティング剤を散布すると、斑になってしまい汚れて見えてしまいます。
しっかり、カーシャンプーを使用しバケツなどで泡立ててから洗車を行い、その後に散布を行うと良いです。
しっかり、ケアをした車は経年劣化を起こしませんし、日焼けにも強くなります。

コメントは受け付けていません。