鉄粉取りの仕方

自動車のボディには小さな走行中に小さな鉄粉がたくさんつきます。カーシャンプーで洗車をした後に、手で触ってみると、何となくザラザラした感じになるのが鉄粉で、顕微鏡で見ると、塗装面に食い込んでいる状態になっていることがわかります。ですから洗車したくらいでは、簡単に洗い流すことができないのです。

しかし、なぜ鉄粉などがボディに付着するのでしょうか。鉄粉は電車の線路が削れたり、金属加工の工場から飛び散ったり、あるいはブレーキをかけたときも目に見えない鉄粉が飛び散ったりしています。それらの鉄粉が走行中にいつのまにかボディにくっついてしまうのです。このような状態で、ワックスがけやコーティング剤をかけても、きれいな輝きに仕上げることができません。下地造りとして、鉄粉取りは必須なのです。

ではどのようにして、この鉄粉を取り除いたら良いのかということですが、粘土クリーナーという便利なグッズが販売されているのです。少しべとべとした感じの粘土ですが、これを平に伸ばして水を付け、かるくボディーの表面をこすります。すると、粘土クリーナーが鉄粉を吸着し、ボディがつるつるになるのです。粘土の表面が汚れてきたら、それを内側に丸め込めば、何度も使うことができますよ。

コメントは受け付けていません。