車体のシャンプーの仕方

車をいつまでも綺麗に乗るためには洗車をします。汚れたら洗車することはもちろん、1ヶ月に1回程度は洗車するといいです。
洗車をせずにそのままにしていると塩分や油分で塗装面を劣化させてしまうことになります。また鉄粉などこびりついてしまう原因にもなります。
洗車をするためには車体をシャンプーがけします。まずシャンプーをする前に十分な水で洗い流すことから始めます。
ボディには鉄粉や砂、ホコリなどが付着しています。また黄砂が多い時期などはボディがザラザラするくらい砂が付いています。
そのまま洗ってしまうと塗装面を傷つけてしまうことになります。ルーフ部分から順に下へ汚れを流すように水をたくさんかけます。
そしてボディを洗います。シャンプーの際にはスポンジをバケツに入れて十分に泡立ててからボディにつけて洗います。この時も強くゴシゴシとこするのではなく、やさしく洗うことがポイントです。
またこまめにバケツにスポンジを入れて汚れを落としながら洗います。太陽光線が強い時やボディが熱い時は洗剤が乾いてこびりついてしまうことにもなるので、できるだけ日陰か朝夕の涼しい時間帯に行うといいでしょう。
洗剤を落とすときも十分な水で洗い流すことがポイントです。

コメントは受け付けていません。