水アカ取りの仕方

洗車をして車がキレイになったと思っても乾いてから見てみると水垢がついてることもあります。
水垢は塗れている状態ですと目立ちませんが乾かすと目立ってしまいます。
しかしなかなか取れないのが厄介です。
これは油膜の劣化が原因で起こるものなのですが、どのようにすれば水アカ取りができるのでしょうか。
まずは車を洗う時にきれいに水で流してホコリや砂などを取り除いてください。
これをしっかりとしなければそのあとのカーシャンプーの時に砂などが原因で傷ができてしまいます。
そしてカーシャンプーで水アカへの効果のあるものを使うといいでしょう。
高い効果のあるものは実は車への刺激が強いのでワックスなどが取れてしまいますがまた再びワックスをするつもりでしてください。
これで経度の水アカであれば簡単に取れます。
もしも強い水あかがついているのでしたらコンパウンドで磨くのも方法です。しかしこれには注意が必要です、コンパウンドは塗装の一部を溶かしていますのであまりやりすぎますと塗装が取れてしまいます。
ですのでほどほどにするようにしましょう。
カーシャンプーで落ちない場合でコンパウンドを使うことに抵抗があるときには台所用の洗剤を使うのもおすすめです。

コメントは受け付けていません。